Answer (回答)

はい。可能です。医療用チップには、用途により形状、肉厚、長さ、材質等、多様多種ございますが。既存の製品、金型、図面など拝見させていただきますと的確な回答が可能ですが、ここでは一般的な医療用チップとしてお応えさせて頂きます。

薄肉医療用チップで懸念される不良として、曲がりや変形が挙げられます。これは肉厚の偏肉により、収縮に差が生じ、チップに曲がりや変形が発生してしまいます。金型の精度が良くないために、コアとキャビにずれが生じ、肉厚が均一にならないことが原因です。また薄肉で長い形状のチップは、先端にショートが発生しやすいため、大量のガスを逃がす必要があります。さらに、ガスを逃がすためにガスベントを設けなければなりませんが、ベントの位置、深さも適正な設計で製作しなければ、ガス逃げ不良やバリが発生してしまいます。

医療用チップでは、検査装置に使用されるものが多くあり、嵌合等に影響を及ぼす寸法精度が正確でなければなりません。親和工業では、多くの医療用チップを製作してきた実績がありますので、これまでの経験とノウハウにより寸法精度の高い金型設計、製作が可能です。医療用プラスチック射出成形品の金型設計や形状変更など、お客様のご要望にお力添えをさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。