プラスチック射出成形において、計量精度の安定化は、成形を安定させる重要な工程のひとつです。溶融樹脂の充填量が不安定だと成形も不安定になります。材料の可塑化が終了してもスクリューの逆流防止弁には圧力が残っているため、この圧力によって、溶融樹脂が少しずつスクリューの先端に送られてしまいます。

この量を少なくする方法としてスクリューの回転数や背圧を低く設定し残っている圧力を低下させます。またスクリューの回転数を下げることで可塑化後のスクリュー停止時間が短くなり、可塑化後にスクリューの前方に溶融樹脂が送られる時間を短くすることができ、計量精度のばらつきを少なくすることができます。