Answer (回答)

 親和工業では、様々な樹脂材料をお客様のご要望される形状の金型設計・製作を行っています。
 ご質問いただいております、取扱い樹脂の例でご紹介しますと、PC:ポリカーボネイト、PE:ポリエチレン、PP:ポリプロピレン、PA:ポリアミド(一般的にはナイロン)、ABS樹脂:アクリロニトリル ブタジエン スチレンは、これまで多くの設計・製作のある金型(にて成形した樹脂)になります。
 親和工業が保有する成形機では、ご紹介した原材料の中では、主にPC:ポリカーボネイト、汎用プラスチックが多くなっています。日常的に、チップやシリンジ、プレート、シースなどの医療用プラスチック製品を成形していますので、冒頭でご紹介した樹脂材料の成形にも慣れております。それらの製造における経験から、上記でご紹介した樹脂材料を使用した場合の製品とその金型についてのノウハウは豊富です。
 ぜひ、お客様が求める製品を製造するための問題点をご要望などお聞かせください。親和工業では成形技術のノウハウから樹脂材料の性質を考慮した金型を設計・製造をさせていただきます。流動解析ソフトを使用したデータのサービスも行っております。
 昨今では、成形後の製品をカッターでの形状だしや、研磨・バリ取りによる精度だしなど、成形後の加工工数がかかるなどの問題点を解決するご相談を多くいただき、それら当社の金型設計技術で解決しております。これにより、お客様の製品のリードタイム短縮やコストダウン、品質の安定などを実現し、医療用プラスチック製品の市場競争力や市場への普及の促進を実現しています。