製品属性(仕様)

製品名薄肉チューブ 用途リアルタイムPCR用のチューブ
材質PP 寸法φ7.0×18
製品
設計
客先支給図面 金型
設計
自社設計

製品画像(様子)

概要

この医療用プラスチック射出成形品は、リアルタイムPCRに使用される肉薄チューブです。リアルタイムPCRとは、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)による増幅をリアルタイムにモニター解析することを言います。このリアルタイムPCR用肉薄チューブは材料にはポリプロピレンが使用されているのですが、薄さ0.3mmという肉薄で製作されていることが特長として挙げられます。ポリプロピレンは、耐薬品性に優れており、医療用プラスチック成形品においては一般的に使用頻度の高い材料の1つです。この肉薄チューブは、壁面を0.3ミリの肉薄構造にすることによって、熱伝導率を向上させ、加熱・冷却時間の短縮を図ることが可能となっています。この医療用リアルタイムPCR用肉薄チューブは初めは試作品として受託加工を行った製品ですが、後に量産プラスチック射出成形も受託いたしました。当社では、製品設計はもちろん、金型設計も行うことができるため、試作品の受託加工からその後の量産まで一貫してお引き受けできます。

開発・試作段階から、お客様の製品競争力を向上させるための技術サポートサービスも行っていますので、 プラスチック射出成形品につきましては、お気軽にお問い合わせください。

>>製品事例一覧

>>よくある質問

>>お問い合わせからの流れ

>>会社情報

>>お問合せはこちら