医療用プラスチック射出成形で最も多く使用されるプラスチック材料は軟質塩化ビニル樹脂が最も多く、その他、ポリプロピレン(PP)、ポリアミド(PA)、ポリエチレン(PE)、ポリカーボネート(PC)、ABS樹脂、ポリスチレン(PS)などが使用されます。

>> 医療用プラスチック射出成形に関する、材料特性を考慮した提案事例はこちら

医療用プラスチック射出成形において、使用されるプラスチック材料は使用環境や使用用途に合わせて適切なものを選定しなければなりません。不適切なプラスチック原料を使用してしまうと、収縮率や外観上の色味が異なり、品質不要や不具合の発生につながってしまうので注意が必要です。