用語解説

セルフリーDNA(cell Free DNA , cfDNA)とは、ヒトの血液中に存在する遊離DNAのことです。ヒトの血液中に166bp, 332bp, 498bpといった大きさで存在している遊離DNAであるセルフリーDNAですが、これは免疫に破壊されたり、アポトーシス(自ら細胞死)した細胞に由来したDNAが血液中に放出されたものだと考えられています。

セルフリーDNAは健常者にも存在しますが、血漿や血清中のcfDNA濃度は低く、がん患者や妊婦、その他ケガや何らかの原因で組織損傷の際には、血中のcfDNA濃度は上昇します。特に様々ながんの腫瘍から発せられる、血液循環腫瘍DNAであるctDNAがセルフリーDNAに含まれていることが明らかになってきています。

そのため近年では、血中の微量のセルフリーDNAを抽出、増幅、解析し測定することで、医療の幅広い分野でバイオマーカー(生物指標化合物)として研究する動きが広がっています。現在は、がんの検査には手術検体や組織採取などの生体検査を行っています。しかしこのバイオプシーという方法は、患者さんにとって負担は少なくありません。そこで比較的容易に採取できる血液からセルフリーDNAの測定・解析をする医療技術である、リキッドバイオプシーの研究が進められています。