• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

スクリュー回転数

スクリュー回転数とは材料ペレットを混錬するためのスクリューの回転数のことで、その単位はrpm(回/分)で表し、可塑化能力はスクリュー回転数にほぼ比例して増加する傾向があります。
スクリュー回転の目的は計量の他に、機械的な内部のエネルギーの発生があります。そのエネルギーによってプラスチック材料が溶融されるのですが、材料の溶融はシリンダーからの外部的な熱伝導と、スクリューの回転による内部的なせん断熱の発熱によって行われます。樹脂の成形加工上、高速回転が望ましと思われますが、スクリュー回転数が高速だと、溶融樹脂内にエアーを巻き込み、ガスの発生原因にもなります。高速回転だと熱分解やヤケを起こす熱安定性の悪い樹脂、高粘度樹脂には低速回転数が望ましいと考えられます。

医療機器・業界の用語集 一覧(アイウエオ順)

<あ行>

<か行>

<さ行>

<た行>

<な行>

<は行>

<ま行>

<や行>

<ら行 わ>