• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

射出装置

射出装置は大きく分けて計量をプランジャーで行うプランジャー式と、スクリューで直接計量するスクリューインライン方式があります。医療用プラスチック成形でも一般的な射出成形でもこのスクリューインライン方式が主流です。スクリューインライン方式の射出装置とは可塑化計量と射出を一軸(インライン)で行う方式のことです。スクリューの先端に逆流防止弁(チェック弁)を備え、射出時には逆流防止弁が溶融した樹脂の逆流を防止しながらキャビティ空間に充填します。逆流防止弁の構造はスクリューに対して可動する部分をチェックリング、チェックリングが当たる部分をスペーサと一般的には呼ばれています。スクリューインライン方式の射出装置では、上記の構造により可塑化時にチェックリングが前方に移動し、溶融樹脂が隙間を流れ計量を行います。また、射出時にはチェックリングが後方に移動、スペーサ部分でシールされるため溶融樹脂の逆流を防止します。チェックリングは前後の圧力差で移動するため、チェックリング前後の圧力差が小さいとスペーサ部とのシールに時間がかかり逆流のばらつきが生じてしまうため、プラスチック射出成形が不安定になることもあります。

医療機器・業界の用語集 一覧(アイウエオ順)

<あ行>

<か行>

<さ行>

<た行>

<な行>

<は行>

<ま行>

<や行>

<ら行 わ>