• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

離型性

プラスチック成形時、樹脂が金型内で固化して突き出される際の型離れ具合の事を、離型性と言います。離型性は、樹脂材料と金型との密着性や摩擦係数、成形収縮率、材料の剛性などが関係します。

PS(ポリスチレン)など材料の中には型離れしにくい硬い材料や割れやすい材料などもあります。そのような場合、離型性を促すためにスプレー方式の離型剤を金型に吹き付け滑りをよくすることが一般的な対処策ですが、あまり吹き付けすぎるとプラスチック成形品の状態の悪化につながりかねません。離型剤の塗布はあくまで補助的なものでしかありません。根本的な解決策としての離型性を得るには、成形条件や金型設計などの点からも対策が必要です。

医療機器・業界の用語集 一覧(アイウエオ順)

<あ行>

<か行>

<さ行>

<た行>

<な行>

<は行>

<ま行>

<や行>

<ら行 わ>