• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

熱安定性

水などの分子は高温になると自由に飛び回るようになり気体となるが、プラスチックにおいては高温になると分子鎖が切れて分解が始まってしまうため、気体の状態では存在せず、高温の時間が長い、または、シリンダー内の温度が高いほど、熱分解が進み分子は短くなっていきます。このシリンダー内溶融温度における熱分解のしやすさを熱安定性といい、分解しやすいことを“熱安定性が悪い”などと言います。また、溶融分解時に出てくるとされるガスは、すでにプラスチックではない別の物質になっています。

医療機器・業界の用語集 一覧(アイウエオ順)

<あ行>

<か行>

<さ行>

<た行>

<な行>

<は行>

<ま行>

<や行>

<ら行 わ>