• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

熱可塑性エラストマー(TPE)について

エラストマーとは「弾性のある(erastic)」+「重合体(polymer)」を合わせた造語です。
一般的に「ゴム」と呼ばれているもの全てをエラストマーと言いますが、架橋(硫黄や熱を加えることで高分子間を結合させること)させずに常温で弾性を示すエラストマーを「熱可塑性エラストマー(TPE)」と呼びます。熱可塑性エラストマー(TPE)はゴムに比べ、優れた性質を数多く持ちます。架橋の工程がないため、ゴムに比べて成形サイクルが短く済み、射出成形により成形を行うことができます。
熱可塑性エラストマー(TPE)が使用される製品としては、歯科用の溶剤を入れる容器の中栓や、食品関係の容器の中栓など、シール性が求められる用途に多く使用適用されています。熱可塑性エラストマー(TPE)は医療機器をはじめ食品向け製品、自動車部品、電機製品、家具、文房具など身の回りのさまざまな製品にも使用されています。

プラスチック射出成形の基礎知識 一覧