• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

成形不良の主な発生原因

プラスチック射出成形において成形不良の発生原因とは、成形の工程の中で複合的かつ複数の要因が互いに絡み合って発生します。従って、その対策や解決方法も成形不良を一元的原因だけで考えるのではなく、多岐にわたってその解決方法を考えながら、不具合の成形品をよく観察する必要があります。
それの成形不良発生原因の中でも、大まかな要因として以下の6つのポイント挙げられます。

1.プラスチック原料の性質に欠陥がある
2.成形機の能力不足
3.金型デザインや構造に欠陥がある
4.成形条件の設定が不適当である
5.製品設計上の設定が不適当である
6.商品要求が射出成形の限界を超えている

上記の6つのポイントの他にも、外部要因(異物の混入、湿度、外気温など)や、その他環境による成形不良などにも十分に注意することでプラスチック射出成形不良を防止することができます。

プラスチック射出成形の基礎知識 一覧