• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

オーバーパック対策

プラスチック成形品をオーバーパックさせると、金型から離型がしづらくなり突き出しの際に成形品の一部が白化したり、擦り傷が付いたりしてしまいます。最悪の場合には、金型から取り出せなくなり、金型を破損させてしまう恐れもあります。オーバーパックの対策の基本方法として次のことがあります。

 ・保圧を下げ、キャビティ内の内圧を低くする
 ・樹脂温を上げ、溶融樹脂の粘度を下げて負荷圧力を低く充填する
 ・金型の抜き勾配を大きく設計変更する

またオーバーパックは製品部だけではなく、太いスプルー部でも起きることがあります。
ゲートやランナーは通常、スプルーより細いのでスプルーより早く固化します。そのためゲートやランナーが固化した後に必要以上に圧力をかけてしまうと、スプルーが金型の固定側に残ってしまいます。その対策として保圧を下げることもひとつですが、太いスプルーは原材料の無駄ばかりでなく冷却にも時間がかかり、サイクル時間の無駄にもなります。早めに細いスプルーに金型修正することで、冷却時間・サイクル時間のロスを防ぐことができます。

プラスチック射出成形の基礎知識 一覧