• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

可塑化前進保持と計量後後退について

プラスチック射出成形は、金型にノズル先端をタッチさせ溶融樹脂を金型内に充填します。可塑化前進でノズル先端が金型に接している間は、ノズル先端の温度は金型に取られることで冷やされてしまいますが、可塑化を後退させると先端部が断熱されたことと同じになり、ノズル先端温度は上昇してきます。可塑化の前進と後退のタイミングを制御する事で、ノズル先端温度をコントロールし不良対策を行うこともできます。前進保持で先端温度を下げることで糸曳きを無くしたり、計量後後退で先端温度の低下を防ぎコールド対策になる事もできます。プラスチック樹脂成形の条件によって、可塑化前進保持と軽量後後退を使い分ける必要があります。

プラスチック射出成形の基礎知識 一覧