• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

べジテーションについて

プラスチック樹脂の金型内部における樹脂の流れ方の原則として、「溶融した樹脂は流れやすいところに向かって流れ込む」という性質があります。
例えば、太いランナーから制限ゲートでキャビティに樹脂が流れ込む時、ゲートで一瞬立ち止まってからキャビティ内部へ流れます。これが多数個取りの金型であった場合、基本的に樹脂はスプルーから遠いキャビティから充填されて、スプルーに近いキャビティにはその後充填されます。この現象をべジテーションと呼び、それによってスプルーに近い成形品に未充填不良などが起こる成形不良のことをべジテーションマークと呼びます。ランナーが多数、並列に配置されている金型の場合、ベジテーションマークが発生しやすいとされています。

プラスチック射出成形の基礎知識 一覧