• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

プラスチック製品のリサイクル対策

現代社会では、環境に配慮し、発生するゴミを減らし、リサイクルに対して取り組むことが、あらゆる業界において必須となってきています。
プラスチック製品の主なリサイクル方法としては大きく3つに分かれます。

1.マテリアルリサイクル
マテリアルリサイクルとは、一般的なリサイクルのイメージどおり、廃棄したプラスチック製品を溶かして、再度プラスチック原料として利用する方法です。この場合、同一種類のプラスチックを選別することが必要です。

2.ケミカルリサイクル
ケミカルリサイクルとは、廃棄、回収したプラスチック製品に、化学処理を行い、樹脂の原料や、油脂に戻す方法です。同一種類のプラスチックでなくてもリサイクル可能ですが、リサイクルのコストが高いという欠点があります。

3.サーマルリサイクル
サーマルリサイクルとは、廃棄回収したプラスチック製品を燃料として使用し、発生した熱を利用して発電、温水、暖房に利用する方法です。また、樹脂を溶かして固め、固形燃料に加工した場合も、サーマルリサイクルと呼ばれます。サーマルリサイクルは、同一種類のプラスチックでなくても可能でコストも安いですが、燃焼させる事で二酸化炭素の発生や大気汚染などの欠点があります。

プラスチック射出成形の基礎知識 一覧