• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

成形品の取り出し方法(吸着式)

吸着式とは取り出し機を使用し、ロボットのアーム先端にチャック板を取り付け、自動でプラスチック成形品を取り出す方法です。チャック板にゴム製のパッドを装着し、エアーにより真空吸引させることにより製品を落下させずに取り出す事ができます。自動落下では製品同士がぶつかりキズがつきやすいのですが、ゴムパッドを使用しエアーで吸着させるため、プラスチック成形品同士がぶつからずにキズを付けず、金型から製品を取り出す事ができます。
ロボットによる自動化された取り出し機の活用は、人件費の削減だけでなく安定した量産化にもつながります。キズの発生が少なくなる吸着式を使用した成形品の取り出しは、高品質が要求される医療用プラスチック成形品や、食品向けのプラスチック射出成形では主流となっています。

プラスチック射出成形の基礎知識 一覧