• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

クリーンルームの日常の清掃作業用品について

医療用のプラスチック射出成形品の製作は、クリーンルーム内にて行います。クリーンルーム内の清掃は、クリーン度を維持するためには必要不可欠です。定期的な清掃は専門の業者が行うとしても、日常的な清掃作業は日々行わなくてはなりません。
そこでクリーンルーム用の専用の清掃道具が必要となります。

①クリーンルーム用掃除機
クリーンルーム内で掃除機を使用する場合には、排出される空気でクリーン度が損なわれないようにしなければなりません。クリーンルーム用の掃除機には、排出される空気をHEPAフィルター等でろ過する構造になっており、クリーン度低下のリスクを回避できます。

②クリーンルーム用モップ
クリーンルーム内では、細菌等の繁殖を抑えるために、湿度の管理も重要になります。クリーンルーム用のモップは、発塵性の低い特殊な紙製の使い捨てクロスを使用しており、クリーン度の低下を抑えることができます。

③クリーンルーム用ワイパー
クリーンルーム内で雑巾として使用される物は、布製、紙製、プラスチック製など、色々な種類がありますが、いずれも発塵性の低い特殊な加工が施されておりクリーン度の低下を抑えることができます。クリーンルーム用ワイパーは、検査装置、検査用具、卓上の清掃に使用します。

④クリーンルーム用綿棒
クリーンルーム用に作られた特殊なもので、発塵性を抑えたものになります。クリーンルーム用綿棒は、別名“工業用綿棒”と呼ばれているものもあります。綿棒は、検査装置の細かい箇所などに使用します。

⑤クリーンルーム用粘着ローラー
クリーンルーム用の粘着ローラーは、粘着力でゴミやホコリを吸着させるためクリーン度に影響を与えません。粘着ローラーをカットする際の発塵性を抑えたものになります。

プラスチック射出成形の基礎知識 一覧