• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

ポリスチレン(PS)について

ポリスチレン(PS)とは原油とナフサを原料としたスチレンモノマーを重合させて作るプラスチック樹脂のことです。ポリスチレン(PS)は、医療用プラスチックにも使用されるプラスチック樹脂のひとつですが、ポリエチレン(PE)と同様に、安価で加工性が高いという特性から身の回りの製品にも多く利用されているプラスチック素材です。
一般的なポリスチレン(PS)は軽量で剛性が高く、比重も軽いという特徴があります。ポリプロピレン(PP)の比重(0.9~0.91g/㎠)、ポリエチレン(PE)の比重(0.94 g/㎠) 
ポリスチレン(PS)の比重(1.04~1.07 g/㎠)とプラスチック樹脂の中でも三番目に軽いプラスチック原料です。
ポリスチレン(PS)は電気絶縁性も高く、誘電率が低いため電気を通しません。また、無味無臭であることから食品容器にも多用されています。特性の面から三つに分けらます。一般的なポリスチレン(PS)の他に、ポリスチレンにゴムを配合し耐衝撃性を大幅に強化した耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)、発砲成形によって作られる軽量で断熱性のある発泡ポリスチレン(発泡スチロール)があります。

プラスチック射出成形の基礎知識 一覧