• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチック成形 製品事例集

薄肉チューブ成形品

製品名 薄肉チューブ成形品 用途 医療装置用の薄肉チューブ
材質 PP 寸法 φ5 x 12 製品設計 客先支給図面 金型設計 自社設計
薄肉チューブ成形品
概要 医療用プラスチック製品の中でも、リアルタイムPCR用チューブは胴体部分の肉厚を極力薄くするというニーズがあります。リアルタイムPCR用チューブは、加熱と冷却を繰り返すため、熱の伝導が良くなければなりません。しかし、肉厚が薄くなると金型のコアとキャビのずれが、ほんの少しでも大きな偏肉製品になってしまいます。例えば、チューブの製品肉厚が0.4ミリと薄肉の場合、キャビとコアの芯ずれが0.05ミリあると。肉厚の厚い側は0.45ミリ、薄い側は0.35ミリとなり0.1ミリのずれになってしまいます。0.05ミリのずれが、0.4ミリの25%のずれになってしまうのです。従って、金型設計の時点で、キャビとコアの位置合わせ機構に工夫が必要です。またプラスチック成形条件の最適化の際にも、偏肉しないように配慮することが重要です。

医療用プラスチック成形 製品事例集