• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

金型設計のポイント

ピンゲートサブマリンゲートの活用によるコスト削減

solution_image24

医療用プラスチック成形を行う際に、ゲート方式にサイドゲート方式を採用してプラスチック射出成形を行うと、プラスチック射出成形後にランナーと製品を切り離す仕上げ工程が必要となり、コストアップの要因となります。また、サイドゲートではカットしてもゲート残りが発生したり、ゲートカット時にきりかすが発生し、万一製品へ付着してしまった場合、製品への異物混入という大きなリスクがあります。また、ゲート部の仕上げの力量により、外観品質が低下し、品質向上のために仕上げコストが必要となります。

 

↓
solution_image25

医療用プラスチック成形の際に、樹脂を金型へ注入するゲート方式として、ピンゲートやサブマリンゲートを採用することによって、製造コストの削減を行うことができます。ピンゲートやサブマリンゲートのように金型が開いた際にゲートが自動的に切断される方式を採用することによって、ゲート部分のバリ取りなどの仕上げ工数をゼロにすることができます。また、サブマリンゲートやピンゲートを採用することで、ゲート残りが発生することがなくなり、完成したプラスチック射出成形品の外観品質も向上します。

 

医療用プラスチック成形品を製作するにあたって、ゲートの位置を間違えるとヒケやウェルド、バリなどが発生することで、外観の悪化といった品質低下や歩留まりの悪化、場合により追加加工費がかかり、コスト増加につながる場合があります。そのため製品設計の段階において使用する材料、製品の形状、製品の厚み、取り数などに合わせてゲートの種類やゲートの位置を決定する必要があります。中でも、ピンゲートやサブマリンゲートは、成形と同時にゲートカットを行う方式であるため、仕上げコストの削減が可能です。

金型設計のポイント 一覧

  1. ピンゲートサブマリンゲートの活用によるコスト削減
  2. 樹脂の流動性向上による製品品質の向上
  3. サブマリンゲートの金型設計のポイント
  4. ストリッパー方式での離型による気密性向上
  5. ジェッティング発生を抑える金型設計
  6. 薄肉成形品のショートモールド回避のための金型設計
  7. 金型構造のシンプル化によるコストダウン
  8. 組み込み後を意識したゲート位置の変更