• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

製品設計における利便性向上のポイント

ストッパー追加による部品の紛失阻止

03

医療用機器を取り扱うにあたって、手術や処置の際に使用される器具にはキャップなどの小さな部品も多く存在します。医療現場でキャップなどの機器の一部を取り外したときに、取り外したパーツが丸みを帯び、転がりやすい形状であった場合、取り外した際に転がって紛失してしまう可能性があります。医療機器、医療用部品を取り扱う現場では、時間のロスを最小限に抑える必要がありますが、部品の紛失は大きな時間のロスを引き起こす可能性があります。

 

↓

solution_image21

キャップなどの医療用プラスチック部品が取り外された際に、転がってキャップの紛失を防ぐためには、部品の周りに丸めのリブを付けることで、ストッパー機能を設けることができます。丸い転がりやすい医療用プラスチック部品でも、ストッパーがあるので転がり紛失することを防ぐとこができます。医療現場では時間のロスが許されない場合が多く、作業者の利便性を考慮した設計を行う必要があります。

 

医療用プラスチック部品が転がりにくくするために部品の周囲にリブを設けて転がった際に止まるようにすることが重要です。ただし、リブを設ける際には、キャップに触れた際に使用者である医師や看護師が痛みを感じることがないよう、Rを設けることによって痛みを軽減することも部品を設計するにあたって重要な項目です。

製品設計における利便性向上のポイント 一覧

  1. 二条ネジの活用による使用満足向上
  2. ロック機構の付加による作業ミスの防止
  3. ストッパー追加による部品の紛失阻止
  4. 大きなRの設置による使用現場での作業性向上