• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

製品設計における利便性向上のポイント

ロック機構の付加による作業ミスの防止

21b

医療現場で使用されるプラスチック製品を使用する際において、医師や看護師、各種検査機関の研究者など実際の使用者の手の感覚に頼る部分は大いに存在します。一般的に医療現場で使用されるプラスチック製品では、作業時にロック感を感じる機構を設けなかった場合、手の感覚に頼ることができないため、作業ミスを招きかねません。これにより、装着が不完全な状態で使用された場合、プラスチック製品が外れてしまったり、落下してしまったりと、大きなミスにつながる可能性があります。

 

↓

02

医療現場で使用される製品は、複数のプラスチック成形部品が組み合わさって使用されることが多く、作動ミス防止の「ばかよけ機構」としてロック機構を設けることが一般的です。ロック機構でロック感やクリック感を生み出すためには、硬い部分と柔らかい部分を作り、それらを組み合わせることが必要です。上記のように部品同士を締める際に『カチッ』という音が出ることで、しっかりと締まったことが作業者が確認できるので、ミスの誘発を防ぐことが可能になります。

 

医療業界で用いられるプラスチック成形品を製作するにあたって、医師や看護師、各種検査機関の研究者が使用した際の作業ミスをなくすために「ばかよけ機構」を組み込むことが重要です。特に医療用のプラスチック射出成形品は、試薬を扱うことも多くあり、小さなミスが大きなミスにつながってしまうこともあります。そのため、そもそも作業ミスを発生させないような製品設計を行うことで、大きなミスの予防を行うことが可能となります。

製品設計における利便性向上のポイント 一覧

  1. 二条ネジの活用による使用満足向上
  2. ロック機構の付加による作業ミスの防止
  3. ストッパー追加による部品の紛失阻止
  4. 大きなRの設置による使用現場での作業性向上