• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

製品設計におけるコストダウンのポイント

複数用途に使用可能となる部品製造の設計

solution_image5

医療用プラスチック成形において、設計対象が複数あり、類似した形状をしている場合、製品の片面のみ使用すると、1通りの使用方法しかできません。当事例においては、上記の写真において、複数の径のチップを立てようとしても、1つの径でしか丁度のサイズで使用できません。そのため、複数の径のチップを取り扱う場合、チップの大きさに応じて金型を製作する必要があるため、イニシャルコストが多くかかり、コストアップの要因となります。

↓

solution_image6

医療用プラスチック部品を製作するにあたって、可能であれば表と裏とで穴の径を変え、製品を両面で使用できるように内部をテーパー構造にすることで1種類の金型で2種類の径のチップが刺すことが可能となります。このようにリバーシブル構造にすることによって、1種類の金型から2種類の径で使用可能なプラスチック射出成形品を得ることができるため、イニシャルコストの削減につながり、コストダウンが可能となります。

プラスチック射出成形製品を製作するにあたって、金型代が最も大きなコストアップ要因となります。そのため、プラスチック射出成 形においてコストダウンを図るためには金型の仕様を効率化することが、効果的な方法の1つであると言えます。当事例においても、1つの金型から複数の径で使用することのできるリバーシブルの部品を製作することで大幅なコストダウンとなり得ます。

製品設計におけるコストダウンのポイント 一覧

  1. 肉厚部分のヒケ発生の抑制
  2. 適切箇所のみへの公差設定によるコストダウン
  3. 四角型容器のコーナー部の薄肉化によるソリ防止
  4. 嵌め合い部品の調整による組み立て工数の削減
  5. 複数用途に使用可能となる部品製造の設計
  6. 同等品の材料使用によるコストアップの回避