• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチック成形 製品事例集

極薄肉チューブキャップ

製品名 極薄肉チューブキャップ 用途 医療用サンプルチューブの極薄肉キャップ
材質 PP 寸法 φ8.0×10 製品設計 客先支給図面 金型設計 自社設計
極薄肉チューブキャップ
極薄肉チューブキャップ
概要 このプラスチック射出成形品は、ポリプロピレン製の医療用サンプルチューブの極薄肉のチューブキャップです。この極薄肉のチューブキャップは中に試薬等を入れた後、チューブキャップの天面からピアッシングを施して中身を取り出す必要があるため、チューブキャップの天面の肉厚は0.1ミリという超薄肉に成形する必要がありました。
通常のプラスチック成形の方法では、0.1ミリの成形は不可能です。また、極薄肉であるため、ウェルドラインやボイドが発生する恐れがあります。当社では特殊なプラスチック射出成形方法を行うことによって、0.1ミリの部分にも樹脂をきれいに充填し、ウェルドラインもボイドもない製品を製作することが可能となりました。
薄肉成形が求められる医療用プラスチック射出成形品では、製品にあわせた金型設計及び成形方法の工夫により、高品質の製品を安定生産する事が可能です。

医療用プラスチック成形 製品事例集