• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

材料変更・滅菌工程のポイント

メディカルグレードのプラスチック射出成形品の樹脂選定

メディカルグレードの指示が明確にされていない

メディカルグレードの指示が明確にされていない。

医療用のプラスチック射出成形品を製作する際に、メディカルグレードのプラスチック樹脂の使用が求められる場合があります。一般用のプラスチック樹脂とは異なり、メディカル用途推奨グレードは種類も限られており、入手することが困難な場合があります。また、プラスチック樹脂の種類のみしか指定がされておらず、グレードが分からないために何種類ものグレードを手配して試作することが必要になり、完成までのリードタイムが長くなってしまう場合もあります。

 

↓

メディカルグレードの指示が明確にされているので、具体的な検討を初期段階から行うことができます。

メディカルグレードの指示が明確にされているので、具体的な検討を初期段階から行うことができます。

プラスチック射出成形品の場合、プラスチック樹脂の種類だけではなくグレードの指定まで行わなければなりません。メディカルグレードのプラスチック樹脂が必要な場合は、事前に使用用途とそのプラスチック樹脂の特性(収縮率や充填性など)を考慮する必要があります。そして樹脂メーカーの協力が不可欠となります。お客様と樹脂メーカー、そして、プラスチック射出成形メーカーがタイアップして試作、開発することにより、最適なプラスチック樹脂の選択とプラスチック射出成形品の作製が可能です。

 

プラスチック射出製品の大きさにもよりますが、例えば、ポリプロピレンで100ミリの長さに対して収縮率を0.001%大きいプラスチック樹脂を使用してしまうと、それだけで0.1ミリの差が発生してしまいます。この製品の図面交差が±0.1ミリであった場合、公差内の寸法の製品以外は、選別作業が発生してしまいます。特に量産の場合には全ての製品を公差内の寸法に収めることは非常に困難となってしまいます。このように、製品設計には使用するプラスチック樹脂の特性も考慮しておく必要があります。

材料変更・滅菌工程のポイント 一覧

  1. 材料特性を考慮したプラスチック樹脂選定
  2. メディカルグレードのプラスチック射出成形品の樹脂選定
  3. 医療用プラスチック製品の滅菌対策のポイント