• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

金型設計のポイント

薄肉成形品のショートモールド回避のための金型設計

solution_image32

極薄肉の部分がある医療用プラスチック射出成形品の場合、肉厚が薄くなっている部分にはプラスチック樹脂が流れ込みにくく、充填されたプラスチック原料が流動末端まで流れず、また圧力が十分に届かない為、ショートモールドやボイドが発生してしまう場合があります。ショートモールドは、プラスチック製品にとって致命欠陥であり、市場に流出してしまった場合は内容物の液漏れや機能欠陥等、重大なクレームが懸念されます。

 

↓
solution_image33

プラスチック射出成形品で薄肉の場合、低粘度のハイフロータイプのプラスチック樹脂を使用することで肉厚が薄い箇所でもきれいにプラスチック樹脂が充填され、ショートモールドを回避することができることがあります。高品質な薄肉成形品を製作する場合には、設計段階からその使用するプラスチック樹脂の特性も検討する必要があります。しかし、ハイフロータイプのプラスチック樹脂を使用しても、あまりに薄肉の箇所には充填が難しいので注意が必要です。

 

薄肉の医療用プラスチック射出成形品で代表的なものとしては検体や試薬を扱うチップやチューブがあります。これらのプラスチック製品は使用中に加熱と冷却を頻繁に行う必要があるものがあり、熱の伝達がより良くなる様に薄肉の成形品が好まれる傾向があります。しかし、薄肉のプラスチック射出成形品の中でも、一般的には最小肉厚は0.4ミリと言われています。0.4ミリ以下でも射出成形が不可能ではありませんが、高度な金型設計技術と加工技術とそれに見合った成形技術が必要となるので一般的には0.4ミリが最小肉厚とされています。

金型設計のポイント 一覧

  1. ピンゲートサブマリンゲートの活用によるコスト削減
  2. 樹脂の流動性向上による製品品質の向上
  3. サブマリンゲートの金型設計のポイント
  4. ストリッパー方式での離型による気密性向上
  5. ジェッティング発生を抑える金型設計
  6. 薄肉成形品のショートモールド回避のための金型設計
  7. 金型構造のシンプル化によるコストダウン
  8. 組み込み後を意識したゲート位置の変更