• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

医療用プラスチック成形に関する、金型設計のポイントを紹介します。医療用だけではなくプラスチック射出成形品は、使用する金型の設計と金型の精度によって、生み出されるプラスチック射出成形品の出来上がりや精度、製作に必要となるコスト、リードタイムが大きく変わってきます。プラスチック射出成形品の開発者、設計者が知っておくべき金型設計のポイントを事例を含めて解説いたします。

金型設計のポイント

  1. ピンゲートサブマリンゲートの活用によるコスト削減
  2. 樹脂の流動性向上による製品品質の向上
  3. サブマリンゲートの金型設計のポイント
  4. ストリッパー方式での離型による気密性向上
  5. ジェッティング発生を抑える金型設計
  6. 薄肉成形品のショートモールド回避のための金型設計
  7. 金型構造のシンプル化によるコストダウン
  8. 組み込み後を意識したゲート位置の変更

医療用プラスチックのVA/VEのポイント 一覧