• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

製品設計における不良率低減のポイント

溶着や粘着シールなどの2次加工を考慮した製品設計

solution_image11

試薬カートリッジなどの医療用のプラスチック射出成形品の場合、2次加工として熱や超音波による溶着や、粘着シールの貼り付けなどがあります。しかし、溶着部に突起があったり、エジェクターピン(金型から製品を離型する際に使用)や金型の駒割りによる段差があると、試薬カートリッジへの溶着や粘着シールの貼り付けなどの2次加工を行うことができなくなる場合や、溶着性や粘着性の低下が発生することがあります。

↓

solution_image12

溶着や粘着シールの貼り付けが必要となる試薬カートリッジなどの医療用プラスチック射出成形品の場合、溶着やシール貼り付けを行う箇所に突起や段差が発生しないように設計することで2次加工をきれいに行うことが可能となります。また、溶着箇所の高さを一段高くしておいたり、溶着箇所にわざと溶けやすい箇所を設けておくことで溶着時に溶かすことで溶着を安定させることも可能となり、より2次加工を行いやすく、作業性を向上させ、生産リードタイムの短縮につながります。

溶着が2次加工で必要となる試薬カートリッジなどの医療用プラスチック射出成形品の場合、溶着時の位置ずれが発生しないように、製品そのものに位置決めの機構を設けておくことでさらに安定した2次加工を行うことが可能になります。安定して2次加工を行うことができるので、トータルで考えると歩留りがよく、コストダウンを行うことが可能になります。このように、1次加工だけではなく、2次加工の用途も検討して設計を行うことで全体のコストダウン実現が可能となります。

製品設計における不良率低減のポイント 一覧

  1. 流動解析による液漏れトラブルの回避
  2. 丸型容器のウェルド防止設計
  3. 溶着や粘着シールなどの2次加工を考慮した製品設計
  4. ルアーテーパーによる嵌め合い部の密閉性向上
  5. 部品の凹凸をなくすことによる衛生面の品質向上
  6. 嵌合代の追加による、医療用嵌合容器の液漏れ対策