• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

製品設計における不良率低減のポイント

流動解析による液漏れトラブルの回避

solution_image7

ピペットチップなどのプラスチック射出成形品において、プラスチック原料の金型への充填バランスが悪いためにエアトラップ(空気たまり)や、ウェルドラインが発生してしまうことが多々あります。これらにより、成形品に欠陥が生じ、液漏れが発生してしまう場合があります。特に、医療用反応容器や試薬カートリッジなどのプラスチック射出成形品においては、試薬の液漏れを興すことが致命欠陥となります。その際には液漏れを起こさないように、設計段階からの工夫が必要です。

 

↓

solution_image8

試薬カートリッジや医療用反応容器などの液漏れが厳禁となるプラスチック射出成形品の場合、試作・開発段階にて流動解析を行うことでエアトラップやウェルドラインの発生による欠陥を回避することができます。流体解析によって評価を行うことで、改善が必要な箇所が明確になり、短時間で最適な製品設計の改善対策を行うことができます。特に、スピードが重視される試作・開発案件の場合、製作段階の初期に流動解析を行うことで、最適な製品設計、金型設計を行うことが可能となります。

プラスチック射出成形品の流動解析は時間と手間、コストを考えると否定的にとらわれる場合があります。しかし、医療用に使用されるプラスチック射出成形品のように、高い品質と安全性が求められる場合は特に有効な評価方法ですが、流動解析の結果を正しく製品設計に反映できず、修正の方向を間違えてしまうと、改善すべき欠陥が製品の異なる部分に移動してしまうだけになることがあります。流動解析後には改善方法を事前に複数検討し、最良の方法を選択する必要があります。

製品設計における不良率低減のポイント 一覧

  1. 流動解析による液漏れトラブルの回避
  2. 丸型容器のウェルド防止設計
  3. 溶着や粘着シールなどの2次加工を考慮した製品設計
  4. ルアーテーパーによる嵌め合い部の密閉性向上
  5. 部品の凹凸をなくすことによる衛生面の品質向上
  6. 嵌合代の追加による、医療用嵌合容器の液漏れ対策