• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

医療用プラスチックのVA/VEのポイント

医療用プラスチック成形に関する、不良率低減のための製品設計段階におけるポイントを紹介します。医療用プラスチック射出成形品において発生しやすいウェルドやボイド、ショートショットなどに起因する不良品の発生を押させるために必要となる、製品設計における注意すべきポイントを実際の事例を交えて解説いたします。プラスチック射出成形品の開発、設計のお役立ち資料としてご活用ください。

製品設計における不良率低減のポイント

  1. 流動解析による液漏れトラブルの回避
  2. 丸型容器のウェルド防止設計
  3. 溶着や粘着シールなどの2次加工を考慮した製品設計
  4. ルアーテーパーによる嵌め合い部の密閉性向上
  5. 部品の凹凸をなくすことによる衛生面の品質向上
  6. 嵌合代の追加による、医療用嵌合容器の液漏れ対策

医療用プラスチックのVA/VEのポイント 一覧