• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

本サイトへ よくあるご質問

医療用プラスチック成形の加工技術について

成形条件以外でひけ対策はありますか?

↓

ひけを目立ちにくくする方法としてプラスチック樹脂成形品の表面にシボを付ける方法があります。ひけ自体を小さくするものではありませんが光沢のある平坦な表面に比べ、シボを付けた表面はひけが目立ちません。ただし、シボはプラスチック成形品の表面部分に加工するため、見た目や触った感じなどデザイン的な事も考慮して加工しなければなりません。

また、成形条件でのひけ対策としては、保圧を高く保持することが上げられます。なお、肉厚が厚くなっており、圧力がうまくかかり切らない形状ものもが、ひけが発生しやすいプラスチック射出成形品とされています。

よくあるご質問を投稿

医療用プラスチック成形の加工技術について Q&A 一覧

  1. プラスチックの素材について、何を選べばよいか分かりません
  2. プラスチック製品をクリーンルーム内に限定して成形をお願いできますか?
  3. 成形品の寸法が小さく、保圧を高くし寸法を大きくしたいのですが、よい対策はありますか?
  4. オートクレーブ滅菌に使用可能な材料での製品設計は可能ですか?
  5. 静電気の発生を抑制する製品は可能ですか?
  6. ショートショットの発生で考えられる原因は何でしょうか?
  7. 成形条件以外でひけ対策はありますか?
  8. 充填途中の薄いバリ対策として、成形条件での対策はありますか?