• 医療機器製造業とISO9001の認証
  • クラス10,000のクリーンルーム完備
  • 金型設計・製作と流動解析による提案
  • 製品の設計階からのVA/VE提案
  • 特級プラスチック成形技能士の確かな技術

本サイトへ よくあるご質問

医療用プラスチック成形の加工技術について

成形品の寸法が小さく、保圧を高くし寸法を大きくしたいのですが、よい対策はありますか?

↓

プラスチック射出成形品の寸法が小さいため、保圧を高くし寸法を大きくするとゲートシールしてしまう場合があります。ゲートシールが発生する原因はゲート部で溶融樹脂の流動が遅くなり溶融樹脂が固化してしまうことです。ゲートシールの時間を遅らせる方法として、樹脂の射出速度を上げ流動層を確保し溶融樹脂の固化を遅くする方法があります。また、ゲートシールしそうなタイミングで保圧を高くしゲートシールのタイミングを遅くさせる方法があります。

ゲートが固化しそうな時に保圧を高くすることで、キャビティ内に溶融樹脂が流れ込みゲート部が開きます。これを繰り返すことでゲートシールのタイミングを遅らせる事が出来ます。金型のゲート径を大きくすることでもゲートシールしにくくできますが、ゲート切れが悪くなる事もあるので注意が必要です。

よくあるご質問を投稿

医療用プラスチック成形の加工技術について Q&A 一覧

  1. プラスチックの素材について、何を選べばよいか分かりません
  2. プラスチック製品をクリーンルーム内に限定して成形をお願いできますか?
  3. 成形品の寸法が小さく、保圧を高くし寸法を大きくしたいのですが、よい対策はありますか?
  4. オートクレーブ滅菌に使用可能な材料での製品設計は可能ですか?
  5. 静電気の発生を抑制する製品は可能ですか?
  6. ショートショットの発生で考えられる原因は何でしょうか?
  7. 成形条件以外でひけ対策はありますか?
  8. 充填途中の薄いバリ対策として、成形条件での対策はありますか?